台湾

台南

2017.10.07

台南に新登場のレンタサイクル「T-Bike」で街を走ろう!

みなさんこんにちは、編集部のオカエリです。

台南市中心部には観光スポットからショッピングスポットまで、行きたい場所が点在しています。街の規模はそこまで大きくはないのですが、歩くのには遠いし、流しのタクシーもあまり走っていません。とはいえ、公共交通機関のバスを使うのはちょっと気がひける。台南めぐりで悩みの種だった交通機関に、選択肢がひとつ増えました。レンタサイクルです!

「T-Bike」とよばれるこのシステムは、街中に点在するサイクルステーションであれば、どこで借りても、どこに返そうとも一律料金。しかも3010元という破格の安さで、スイスイ市内観光ができるんです。

早速借りてみましょう!

まずはインターネットのサイト(https://tbike.tainan.gov.tw/Portal)でステーションの場所を確認。実際のステーションには黄緑色の自転車がずらりと並んでいるのですぐに見つかるでしょう。自分が乗りたいと思う自転車のブレーキやタイヤなどをチェック。番号を確認したら、クレジットカードを用意して登録機械の前に行きます。日本語表示を選択できますので、画面の案内に従って「クレジットカードで自転車をレンタルする」を選択。

乗りたい自転車の番号を入力して、クレジットカードを入れると登録されます。これでレンタルは完了!

高機能で使い方も簡単!

早速、ステーションから自転車を解除。レンタサイクルながら、前かごはもちろん、なんと3段変速ギアやスマホケース付きという高機能がありがたいですね。

鍵は少し変わっていて、前カゴの中に取り付けられている串のような金属棒を、一度前タイヤの間に通してからハンドルの間の穴に差し込むというもの。差し込むとカチッと音がして鍵が取り外せます。

使い方を覚えたら、そのまま目的地を巡るだけ! 道路には自転車レーンが指定されているところもありますが、ないところは車道を走ります。バイクが多い台湾は、日本と違って右側通行。事故の危険性も高いので、十分注意して走りましょう。駐車するときはバイクなどが停まっているところに停めてOKです。交通ルールを守って、楽しく快適な台南観光を!

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1