スペイン

2017.10.11

絶対外せない! バルセロナで食べたい「パエリア」ベスト3

オラ! 「るるぶスペイン」バルセロナ担当のMです。

ギラギラ太陽が照りつける真夏よりは涼しくなりましたが、まだまだバカンス風の旅行者でいっぱいのバルセロナに取材に来ています。今回は、スペイン料理といえばこれ! 旅行中に一度は食べておきたい「パエリア」がテーマ。自分の家のパエリアがNo.1!と言うスペイン人が多いなか、地元の人も唸るおいしいパエリアを探してきました。

定番人気ならこちら。「カン・マジョ」

誰もが認める安定の味なら「カン・マジョ」で決まり。漁師さんたちが住んでいたバルセロネータ地区に代々続く家族経営のレストランで、地元の人がちょっと大事な家族の集まりで使うようなお店です。自慢のパエリアはとにかく具だくさん! 味付けはしっかりで、シーフードのダシが濃厚。定番人気のお店ながら、まったく堅苦しくない雰囲気で入りやすいですよ。

シーフード充実の「カル・ペップ」

ボルン地区にある「カル・ペップ」のパエリアはムール貝やエビがゴロゴロ! 大きなパエリア鍋で作ったものをお皿に取り分けてくれます。せっかくなら「パエリアの日」木曜日に行って、シーフードタパスの後にパエリアで締めてみて!

ヘルシーで女性にも人気の「バラッカ」

最後はバルセロネータ地区にある「バラッカ」の野菜パエリア。パエリアというとシーフードと思いがちですが、じつはいろんな食材のものがあるんです。このお店は地元のオーガニック野菜にこだわりがあるだけに、野菜が主役の斬新なパエリアに注目。ダシも野菜だけという優しい風味。こんなパエリアがあったんだ!と目からウロコ。スペイン人女性にも人気のヘルシーなパエリアが楽しめます! 白を基調とした、すっきり明るい店内もお洒落ですね。

バルセロナで絶対試してほしいパエリアなのですが、たいていメニューにあるパエリアは2人前からのオーダー。一人旅の方は、2人前を注文して、食べきれなかった分をテイクアウトにしてもらうという裏ワザも。どのお店も量は多めなので、3人で2人前くらいがちょうどいいはずです。

定番なだけに、それぞれのお店の特徴が表れる料理がパエリア。今回紹介の3軒以外にも、バルセロナにはいろんなパエリアが食べられるお店がいっぱい!

2018年1月発売予定の「るるぶスペイン」でまだまだご紹介します。ぜひぜひお楽しみに!

カン・マジョ
Can Majó

【住所】
Almirall Aixada 23
【TEL】
(93)221-5455
【営業時間】
13~16時、20~23時
【定休日】
日曜の夜、月曜
【HP】
http://www.canmajo.es/

カル・ペップ
Cal Pep

【交通】
Pl. de les Olles 8
【TEL】
(93)310-7961
【営業時間】
13時~15時30分、19時30分~23時30分(月曜は19時30分~23時30分のみ)
【定休日】
日曜、8月
【HP】
http://calpep.com/

バラッカ
Barraca

【住所】
Passeig Marítim 1
【TEL】
(93)224-1253
【営業時間】
13時~23時30分
【定休日】
なし
【HP】
http://www.tribuwoki.com/restaurante/barraca-barceloneta/
Share!
  • Facebook
  • Twitter