ポーランド

2017.11.02

【ポーランド取材記①】世界遺産第1号!神秘のヴィエリチカ岩塩坑を知ってますか?

るるぶフクヘンYです。10月は秋のポーランドを取材しました。

みなさん、ポーランドに世界遺産第1号があるのをご存知ですか? その名もヴィエリチカ岩塩坑。

いきなりですが、そのハイライトを360度カメラ画像で。 この、クリスタルのようなシャンデリアや精緻な壁画、大理石のような床、このすべてが「塩」なんです!

全長300km。地下にひろがる世界遺産

塩は海から、という日本人には「岩塩坑」って、想像がつきにくいかもしれませんが、地下の岩塩層まで深く掘り、塩を採るのですね。

ヴィエリチカ岩塩坑はヨーロッパ最古の塩の採掘場の一つ。13世紀から700年に及ぶ採掘により、その全長はなんと約300㎞! 1978年の第一回ユネスコ世界遺産に登録された、知られざる神秘のスポットなんです。

 

約2時間の地下探検へGo!

現在は、使わなくなった坑道を観光ルートとして公開、さながら地底探検のような2時間を楽しめるんです。そのルートをかいつまんでご紹介!

まずは、地下64mまで階段でおります。写真は上から螺旋階段を撮ったところ。深い!おりてもおりても階段が終わらない!

 

いよいよ坑内。きちんと整備された道が続き歩きやすいです。岩塩の壁はつるつる。そして、なめるとしょっぱい!

 

観光ルート上には採掘跡の空洞が20ほどあり、当時の様子やこの地にまつわる伝説を再現した彫刻などが展示されています。それらを見学しながら、さらに地下へと階段で進みます。

 

そして、360度画像でお見せしたハイライトのキンガ礼拝堂に到着。塩でできたシャンデリアをバックにみんな記念撮影に夢中!

 

壁には『最後の晩餐』のレリーフが。こちらも、もちろん塩。なんと彫刻家が掘ったのではなく、坑夫たちによるもの!深い信仰心が伺えます。

 

写真はこの2時間ルートを案内していただいたガイドさん。後ろに写るレトロなエレベーターで地上に戻ります。

入場者は全員ガイドさんと一緒にまわります。個人で自由にはまわれません(というか、広大すぎて個人でまわるのは無理かも)。 日本語ガイドさんはいないので、英語ガイドさんになります。

 

どこにある?どうやっていく?

ヴィエリチカ岩塩坑へは、ポーランド第二の都市クラフクの郊外約10㎞にあります。取材時は車で向かいましたが、クラクフ中央駅前からバスが出ているので、個人でもアクセスしやすいとのこと。季節によりオープン時間が異なるので、行く前に公式サイトでの確認をおすすめします。https://www.wieliczka-saltmine.com/

お土産も忘れずに♪

ヴィエリチカ岩塩坑で採れた岩塩やバスソルトが売っています。「初世界遺産の岩塩」なんて、ちょっと語れるみやげでいいですよね。写真の可愛い袋入り岩塩は18zl(取材時レートで530円くらい)でした。

以上、るるぶフクヘンYのポーランド取材レポート第一弾でした。

【ポーランド取材記②】はコチラ>>発掘! 女子旅向き♪可愛いポーランドの街

【ポーランド取材記③】はコチラ>>おいしい名物料理はこれ!

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1