マドリード

スペイン

2017.11.28

【編集Rのマドリード視察記①】カタール航空、ドーハ乗り継ぎで快適往復!

るるぶ編集部のRです。入社以来、アジア地域担当だったのですが、この夏、ヨーロッパ担当になり・・・「ヨーロッパを勉強してこいっ!」と送り込まれたのが、スペイン政府観光局主催のプレスツアー。往復のフライトから現地の様子、おみやげ案内まで詳細にレポートします!

まずはフライトレポートから♪

キュート&快適なカタール航空♡

今回利用したのはカタール航空。羽田発→ドーハ乗り継ぎ→マドリード着のフライト。初めてのカタール航空利用でした。深夜便だったので、眠い目をこすりながら搭乗すると・・・

なんと、ピンクのライトに照らされる、超キュートな機内!さすがアラビア、カタールらしいエキゾチックな演出に眠気が飛んでいきました。

シートも可愛いピンク色。このヘッドは可動式で、自分の頭の高さに合わせて上下に調整できるんです。長いフライトではいつも首がこってしまうのですが、今回は快適でした。

”眠らず120%楽しむ!” がMYフライトルールなので、エンタメの充実度はエアライン評価の超重要ポイント。シートに座るやいなや、さっそくチェック。最新の洋画・邦画が揃い、ラインナップも◎!インド好きの私は、ほぼボリウッド鑑賞に費やしました。座席目の前のタッチスクリーンとは別に、手元で操作できるコントローラーも付いています。

機内食のクオリティもチェック!今回、往復計6回食べた機内食の中で一番のお気に入りは、このポテトとチーズ、マッシュルームの炒め物でした。朝ごはんの時間帯に出るピタサンドも美味なので、利用の際はお楽しみに♪

こちらは毎食配られるアラビア語のメニュー。なんだかカタール航空に乗った実感がわいて嬉しく、記念にお持ち帰りしてしまいました。

乗り継ぎに優しいドーハの空港♪

7時間のフライトの末、ドーハのハマド国際空港に到着。初上陸です。Googleマップを起動して、自分が中東圏にいるのだと実感してニヤリ。

アジアとヨーロッパのハブ空港なだけあって、無料の街なかバスツアー(条件付き)や空港内ホテルなど、乗り継ぎ客用のサービスが充実しているんです。

今回個人的にとてもありがたかったのは、仮眠室。事前に編集部の同僚からきいていたこともあり、「Quiet Room」の案内板をたどりすぐに発見。

中はこんな感じ。横になれる椅子がずらっと並んでいます。部屋は男女別に分かれていますが、貴重品は自己責任で。バッグを胸に抱いて眠っている人がほとんどでした。席によってはコンセントがすぐそばにあるのでスマホの充電もできます。携帯のアラームをセットして、5時間ほど仮眠を・・・。

快適なエアー&空港ステイのおかげで、元気にマドリードへ向かうことができました!

【編集Rのマドリード視察記②】はコチラ>>スペイン的カルチャーショック5
【編集Rのマドリード視察記③】はコチラ>>時短でゲット!スペイン定番みやげ

Share!
  • Facebook
  • Twitter