韓国

2017.12.22

【韓国「美と健康」の旅②】話題のウエルネスリゾート「ヒーリアンス ソンマウル」へ

アンニョンハセヨ! るるぶ編集長のヒロイです。韓国「美と健康」の旅第2回は、引き続き江原道・洪川のウエルネスリゾートから。

韓国の食のエッセンスがつまった食事

「ヒーリアンス ソンマウル」2日目の朝は「体を目覚めさせる」朝食で始まります。メニューはニンジン、パプリカ、玉ねぎ、きくらげが入ったチヂミ風の卵焼き、ナスとサツマイモのグリル、白キムチ、サラダ(リンゴのソース)、グリーンピースのおかゆ、牛乳。ナスとサツマイモのグリルには特にソースはなくて、グリーンピースのおかゆもとっても薄味、サラダのソースは昨日のプログラムで作った、フルーツたっぷりのものですね。

ちなみに前日の夜のメニューは、サンマをローズマリーで焼いたもの、豆苗のようなシャキシャキとした野菜をコチュジャンで味付けしたサラダ、鶏のムネ肉を粒マスタードとエゴマ、玉ねぎで和えたもの、もっちりとした栗おこわにはニンニク、青ネギ、コチュジャン、醤油のたれをかけて。基本的にはあっさりとした味ながらボリュームは満点。ローズマリーやエゴマ、マスタードにニンニクと、ハーブやスパイスを効果的に使い、もち米や豆苗、きくらげなどさまざまな食感の素材を組み合わたメニューは発見にあふれ、韓国の食の奥深さを感じました。

森の中を歩いて感じる、自然のメカニズム

さて今日は「森を感じるプログラム」。案内役の先生の後について森の中を歩きながら、植物や生物、森の自然についてのレクチャーを受けます。今朝も氷点下まで下がったなか、毛布とマットを背負って出発。途中に小川があれば立ち止まって水の音に耳を傾け、頻繁に目にするリスが齧った松の実が落ちていれば拾ってその断面に触れてみる…到達するためではなく過程を楽しむ、しばしの山歩きです。

山の斜面上に階段状に開けた場所につくと、持ってきたマットをひろげて皆で寝転がります。すると頭上の木々が自分を取り巻くように見えますよね。場所を変えて寝転がっても、やはり頭上に見える木の風景は変わりません。これは自然の「フラクタル構造」といって一見規則性の無いような自然の構造物にも規則性があるとする考え方で、波の模様や雪の結晶、人間の血管もそうです。人間も自然の一部。しんしんとした寒さと静けさの中、そんな当たり前のことを考えながら、しばし目を閉じて森の力をチャージしました。

360°画像で見た森の中です。画面に指が入りすぎてしまいました…。

もとはVIP向けだったというこの施設。近年のヘルスツーリズムへの関心の高まりを受け、施設の拡張と合わせ、宿泊者も年々増加。2016年には年間2万5000人、2017年は4万人ほどになる見込みで、現在は韓国人がメインの宿泊客も、今後は海外からも多く受け入れていきたいとのこと。宿泊料金の目安は1泊2日で1人20万ウォン。ここに宿泊、食事、基本的なプログラムはすべて含まれています。英語でのHPがあるほか、Emailでの予約もできるので、少し進んだ韓国の旅先として、選んでみてはどうでしょうか。

写真は2日目の朝、ベランダからの美しいご来光。ふるえながら撮影しました。

今日のおまけ

2日め、ソウルでいただいたミシュラングルメから。「コッチ」のカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)はねっとりとした半透明の身とかすかな苦みが後引く鮮やかなオレンジのカニ味噌が夢ごこち。最後は甲羅にご飯を投入して「カニ味噌ビビンバ」に。

【韓国「美と健康」の旅①】はコチラ>>話題のウエルネスリゾート「ヒーリアンス ソンマウル」へ
【韓国「美と健康」の旅③】はコチラ>>おいしく飲んで健康に。ソウルでお洒落に「韓方茶」体験
【韓国「美と健康」の旅④】はコチラ>>男性でも大丈夫! 「韓方スパ」で健康に美しさを手に入れる

ヒーリアンス ソンマウル
Healience Seonmaeul

【住所】
江原道 洪川郡 西面 種子山キル122
【TEL】
1588-9983
【HP】
http://www.healience.co.kr/english/index.jsp
Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1