バリ島

インドネシア

2018.03.12

バリ島取材中。スミニャックの裏通りをインスタ散歩

こんにちは。るるぶ編集長のヒロイです。今回の取材は2月のバリ島です。バリは11月~3月が雨季。午後は毎日のようにスコールに見舞われました。

今日は、クタを北上してスミニャックへ。リゾート感あふれるショッピングタウンは、観光客とローカルで大賑わい。そんなスミニャックの裏通りには、実は絵になるスポットが多いと聞いて歩いてみました。

アートでローカルな路地に注目!

裏スミニャック、略して「裏スミ」散歩は、スミニャックのランドマーク、スミニャックビレッジ前からスタート。Kayu Cendana通りを北上し突き当りを左折、Kayu Jati通りが裏スミのメインストリート。細い通りですが、アートで個性的な店が通り沿いに点在。各店主張しまくりのウォールアートをチェックしながらインスタ散歩が楽しめます。

ベジ&ヴィーガン対応のカフェを併設する雑貨店に

壁に描かれた特大JBが迫力満点のバー

モザイクで描かれたロックの偉人達も細かい

パステルカラーがラテンなムードのメキシコ料理店は

エントランスのモザイクがコパカバーナビーチ柄!

インドネシアやタイなどアジア若手作家の作品が並ぶギャラリーも存在感あります

Kayu Jati通りがKayu Aya通りと交差するところで左折するとほどなく、白亜の建物がまぶしいインテリアショップ兼カフェのキム・スーが。

シェルやウッドのオブジェ、アタのカゴ、リネン類など、エスニックだけどモダンなインテリア雑貨はどれもフォトジェニック。手ごろなサイズと値段のものも多いので、気に入ったものをぜひひとつ。

散歩の合間の休憩におすすめ

とりあえずビールな気分なら、スミニャックビレッジ隣のショッピングモール、スミニャックスクエア2階のマン・フライデーズへ。フィッシュ&チップスが看板の店ですが、今日は1ピースRp.2.5万から買えるフライドチキンとテッパンのビンタンビールRp.2.7万で小休止。衣が固めサックリなので、たっぷりディップでも大丈夫。

ケチャップとビネガーはもちろん、ハインツのサンバルソースがおいてあるのもバリ気分です。

ノンアルコール休憩なら、スミニャックスクエアの隣のショッピングモール、スミニャックビレッジ前の細い路地を入ってみて。

表通りの喧騒から離れた緑の中庭の先に、本格的なバリコーヒーが飲める隠れ家カフェ、テム・コーヒーがあります。

庭の周りにはバリの作家ものの雑貨を扱うセレクトショップやギャラリーコーナーもあって、まさに街のオアシス的な一画です。

こんな感じで、今日も「るるぶバリ島'19」鋭意制作中です。2018年5月発売予定です!

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1