台湾

台北

2018.03.21

桃園国際空港から台北駅まで、MRTの利用法!

るるぶ編集スタッフRです。台北取材時に桃園国際空港と中心部の台北駅を結ぶ、MRT桃園機場線に乗ってみたので、その様子をレポートします!

「MRT」が示す方向に進むだけ!

そもそも、台北には2つの国際空港があり、市内にある台北松山空港に比べて、郊外にある桃園国際空港はアクセスしづらかったのです。それが、2017年3月に桃園国際空港と中心部の台北駅を結ぶMRT桃園機場線が開通してかなり便利になりました。さっそく、到着からレポートします!

今回利用した航空会社はPeach。朝8時50分、桃園国際空港の第1ターミナルに到着しました。荷物を受け取って到着ロビーに出ると、目の前にブルーの看板が登場します。看板の一番上にある「MRT」が示す方向に従って、左へ。あとはこの「MRT」の表示を追いかけて進めば問題なし。とっても簡単です。

長い通路を抜け、出発ロビーを左に見ながら進み、エスカレーターを下ってさらに進みます。

到着ロビーを出て約10分、桃園機場線の改札に到着!改札のうすムラサキ色が、桃園機場線のカラーです。

切符は悠遊カード、あるいは1回券

桃園国際空港から台北駅まではNT$160。地下鉄やバスで利用できるICカード、悠遊カードを持っている人はチャージ金額をそのまま利用できます。もちろんその場でトークン(コイン型の1回券)を購入することもできます。改札手前右手に自動券売機があり、日本語表示もできて便利でした♪

各駅停車と快速!所要時間に大差なし

MRT桃園機場線は、各駅停車と快速があります。所要時間は桃園国際空港から台北駅まで、各駅停車で45分、快速で35分。そこまで差がありません。

ホームに降りたら、行き先が「臺北(Taipei)」となっている方の電車に乗ればOK!

 

電車内は無料Wi-Fi完備!

乗車中は30分間Wi-Fi を無料で利用できます。到着してすぐネットにつなげるのは本当に便利ですよね。利用方法はとっても簡単。スマホの「設定」>「Wi-Fi」から『TyMetro』というネットワークをチョイス。

あとは最初の画面で「Agree」を選び、次の画面で「Click Here to Free Internet 30 minutes」を選べば接続完了です!ユーザー登録不要なのが助かります。

写真は各駅停車の車内。スーツケースなどの大型荷物専用のラックがあり、車内の電光掲示板表示やアナウンスが英語併記で分かりやすく、9時台の車内はすいていて、とっても快適でした!

 

あっという間に台北駅に到着!

そうこうしているうちに「台北車站(台北駅)」に到着です。台北駅はとっても広いので、乗り換える路線の色を事前に確認し、案内板をよく見て移動しましょう。

アクセス&利用方法がシンプルで便利なMRT桃園機場線、ぜひ台北旅行の際の参考にしてみてくださいね!

公式サイトURLはこちら

MRT桃園機場線 時刻表&路線図(日本語)>> https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/jp/_pages/travel-guide/timetable.html

Share!
  • Facebook
  • Twitter