タイ

バンコク

2018.07.30

バンコク アジアティークってこんな場所!

新人るるぶ編集部員ゆーふらのタイ取材レポート、今回は、バンコクの大人気スポット「アジアティーク」でのショッピングの様子をお届けします♪

アジアティークってどんな場所?

アジアティーク・ザ・リバーフロントは、リバーサイドにあるナイトマーケット。タイのナイトマーケットというと屋台がひしめくローカル市場をイメージする方も多いかもしれませんが、アジアティークはまるでテーマパークかのような、綺麗に整備されたマーケットです。

★アジアティークへのアクセスは行き方&帰り方記事でご紹介しています!★

小さいお店が立ち並ぶショッピングゾーンを中心として、グルメやエンタメ(超有名なニューハーフ・ショーの劇場もあります!)まで、お楽しみたくさんのスポットなんです。

アジアティークは4つの地区に分かれています

アジアティークは、ウォーターフロント地区・ファクトリー地区・タウンスクエア地区・チャルンクルン地区に分かれています。今回わたしは「タイパンツを買う!」を目的にしていたので、雑貨やファッションのショップが多く並ぶ巨大倉庫群があるチャルンクルン地区を目指しました!

ボートの降り場からまっすぐに奥へ進んでいくと、左手にウォーターフロント地区が。川に面しておしゃれなレストランがいくつも並ぶ地区です。

両サイドにおいしそうな飲食店や個性的なショップが並ぶファクトリー地区の通りを抜けると、ちょっとした広場に出ました!広場には時計台とメリーゴーラウンドがあり、周辺にはたくさんのレストランやカフェが立ち並んでいて、本当にテーマパークのような雰囲気♪

メリーゴーラウンド越しにチャルンクルン地区を示す「ウェアハウス2(倉庫2)」の表示を発見しました!

看板を目印に歩きましょう!

「ウェアハウス2」へ足を踏み入れると、小さなショップがずらりと並び、ナイトマーケット感満載!雑貨やファッションのお店がかなりたくさんあるので、迷いそうになりますが、上を見ると時々このような看板がありました。

こちらはそれぞれの路地の番号を示したもので、住所代わりになるのだそうです。

タイパンツを求めてショッピング開始♪

倉庫の中をふらふらとあるいていると…さっそくタイパンツを売っているお店を発見!

「サワディカ~(こんにちは)」とお店に入ると、陽気なお姉さんが商品について紹介してくれました! しかも、日本語で!こちらのミナさんは、現在日本語をお勉強されているそうです。コミュニケーションがとれてとっても嬉しかったです♪
たくさんかわいいタイパンツがありましたが、まだ一軒目なので、他のお店へ・・・すると、こんなタイらしいお店が!思わず、タイパンツ探しのミッションを忘れて入ってみました。

ガネーシャをモチーフにした置物やお面など、エキゾチックなおみやげがずらり!お店のお兄さんが英語で商品の説明をしてくれました!ちょうど、タイらしいおみやげも探していたので、こちらでガネーシャの小さな置物(350バーツ、日本円で約1000円)を購入しました♪

歩いていると、いわゆるワンピースやアクセサリーを扱うお店以外に、ムエタイパンツのショップや、プチプラ雑貨を扱うお店も見つけました!アジアティークはいろ~んな類のお店が集結していて、本当にショッピングが楽しい空間でした♪

最終的に、エンジェルさんというお姉さんがおすすめしてくれた、こちらのタイパンツ150バーツ(約450円前後)を購入して、”タイパンツ探し”のミッションは終了しました!
買い物をしている間、周辺のお店の店員さんが声をかけてくれ、写真を撮ろう!と言われたり、東京について話したり…現地の人と交流できる旅行の醍醐味を感じつつ、大満足で帰路についたのでした♡

そんなで地元らしい楽しみも感じられる、清潔で快適なナイトマーケット、アジアティークでショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?
2019年1月発売予定『るるぶタイ'20』では、アジアティークの見どころをたっぷり紹介予定ですので、ぜひご活用ください♪

アジアティーク・ザ・リバーフロント
【住所】
Charoenkrung, Soi 72-76
【TEL】
02-1084488
【営業時間】
16~24時(店舗により異なる)
【定休日】
なし

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1