ハワイ

ホノルル

2018.07.06

編集部直伝♡ハワイ 絶景ポイント&撮影テクニック

フォトジェニックなものにあふれるハワイに来たら、素敵な写真を撮りたいですよね!そこで今回はワイキキで押さえておきたい、フォトジェニックポイントをご紹介します。さらに♪取材担当のカメラマンが、ひときわ目を引く写真の撮り方を伝授しますよ~!ハワイでワンランク上の写真が撮れるテクニックをチェックしたら、撮影にでかけましょう。

【絶景激写①】ダイヤモンドヘッド&ワイキキビーチ

ハワイの中でも晴天率が高いといわれているワイキキで絶景を撮影するのなら、やはりワイキキビーチは外せません。
こちらの、"ザ・ハワイ"ともいえる一枚。ビーチ沿いのホテルの部屋から撮るのがベスト!屋外で撮影する場合はアラモアナにあるマジック・アイランドまで行くのがおススメです。

撮影アングルを変えてみたり、時間帯によって太陽の位置やビーチで遊んでいる人の多さなども変わるので、何度か訪れてみると人とは違った一枚が撮れます!

 

【絶景激写②】ワイキキを一望!早朝トレッキングツアー

ワイキキのシンボルであるダイヤモンドヘッド山頂からの景色は息をのむほどの絶景。ホテルにピックアップに来てくれる早朝出発のツアーに参加すれば、幻想的な日の出の撮影をも簡単にできてしまいます!個人で行く場合も空気がきれいな午前中がおすすめです!

朝焼けに染まるオアフ島はため息が出るほどの美しさです♡

40~50分のトレッキングのあとは、最後の階段を登りきると絶景が広がる頂上に到着!コース全体がハードではないので、子供連れの家族でも楽しめるでぜひ挑戦してみてくださいね!

 

アイテム別!撮影テクニック

ここからは、アイテム別に撮影テクニックをご紹介♪素敵な場所で、素敵なものを撮影するのだから、しっかり魅力を伝えたい!取材担当カメラマンがひときわ目を引く写真の撮り方を伝授します!

 

No1. パンケーキ

コーヒーカップなどをさりげなく入れて、皿が画面からはみ出るように撮ると大きさが伝わる写真になります。逆光気味のほうが美しく撮れるそうですよ。

こちらはプロのカメラマンが撮影したものですが、なるほど、お皿が画面からはみ出るように撮影していて迫力がありますね!

 

No2. フラ&サンセット

夜景や暗い場所での撮影は、手ブレしてしまうのが一番の悩み。小さいものでも、三脚を持っていけばブレの心配はありません♪また、セルフタイマー機能を使って、テーブルや地面において撮影すれば三脚いらずです。

No3. ビーチ

ビーチではローアングルで空のブルーを上手に画面に入れ込むのがコツです。人ごみを避けて背景にも注意して撮影をしてみて。

人が入る場合は、やはりジャンプなど動きをつけて躍動感のあるものがいいですね♪

No4. トロピカルドリンク

味も重要だけど色味も重要!オーダー前に背景を決めてから、映える色のドリンクを注文するとGOOD!撮影後はドリンクもしっかり味わってくださいね!

No.5 シャカポーズ

ハワイ流のピースサインのシャカポーズは記念写真を撮るときに使いたい!ハッシュタグに「シャカ」をつけてアップしちゃいましょう!

以上、ハワイの絶景の絶景ポイント&撮影テクニックベスト5をご紹介しました。
ぜひみなさんの素敵な写真をSNSに投稿してくださいね!

こちらの情報は、できたてホヤホヤ7月に発売予定のハワイの裏ワザ・ローカルネタぎっしりの「ハワイ超得!ランキング2019」にも詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

★人気のハワイ記事はこちら!
>>絶対買うべき!ハワイのオススメおみやげベスト7
>>自分みやげNo.1!ハワイアンジュエリーの最新トレンド3選

ダイヤモンドヘッド
【営業時間】
6~18時(登山開始は16時30分まで)
【定休日】
なし
【料金】
入山料$1(車利用の場合は1台につき$5)

るるぶデスク

ダイヤモンドヘッド早朝トレッキングツアーについてはこちらのるるぶデスクにお問合せください。

【住所】
2250 Karakaua Ave.(ワイキキショッピングプラザB1Fトラベル・プラザ内)
【TEL】
921-8008
【営業時間】
9~20時
【定休日】
なし
【HP】
www.hawaiioption.com

Share!
  • Facebook
  • Twitter