ハワイ

ホノルル

2019.09.30

ハワイでガーリックシュリンプを食べるならこの3店!

シーフード好きならぜひ一度食べてもらいたいのが、ハワイのローカルグルメ「ガーリックシュリンプ」。
オアフ島の北側でエビの養殖が盛んなことから生まれた料理で、エビをガーリックバター(オイル)でじっくり炒め、ライスとともにいただきます。
プリプリのエビと香ばしいガーリックの組み合わせは絶品!

そこで、「ガーリックシュリンプ」の人気店をせかたび編集部が厳選。
フードトラックでの販売が多いので、絶品グルメを堪能しながらローカル気分も味わうことができますよ♪

 

【ケンズ・キッチン】本場ノースショアをしのぐ味!

ジャンボシュリンプ7匹をたっぷりのバターで炒めたガーリックシュリンプ
が人気のフードワゴン。シェフは鉄板焼き店で腕をふるっていた実力派。
フレーバーは4種類。ピリ辛好きは「スパイシー・ガーリックシュリンプ($15)」がオススメです!

両替所の建物の横に常駐。トラックの前にテーブルスペースがあるので、出来立てをその場で食べることができます!

ケンズ・キッチン
Ken’s Kitchen
住所 2238 Lauula St.
TEL 218-0537
営業 11時~23時
定休日 なし

 

【カマロン】個性的なココナッツテイスト

ココナッツミルクが隠し味のガーリックソースは、とってもクリーミー♪
殻をむいてあるので、身にしっかり味が絡んでいます。
衣がカリカリのココナツシュリンプもおすすめ!
「ココナッツシュリンプ&ガーリックシュリンプ・コンボ($15.95)」なら、2種類が食べられてとってもお得。女性人気の高い鉄板メニューです。

数台のフードトラックが集まる場所に常駐。赤いパラソルが目印です。

カマロン
Camaron
住所 66-218 Kamehameha Hwy.
TEL 348-6484
営業 10時30分~16時

 

【サムズ・キッチン】サムさんのお店が復活!

日本のハワイ情報番組で司会をつとめていたサムさんの店。
エビ、ビーフ、チキン、アヒなどをオリジナルソースから好みの味付けを選び、注文することができます。
「エビのオリジナル祭り風ソース($16)」は、レモンバターしょうゆ味。
エビの殻が丁寧にむかれているので、食べやすさ抜群です。

サムズ・キッチン
Sam’s Kitchen
住所 353 Royal Hawaiian Ave.
営業 10時~23時
定休日 なし

 

ハワイアングルメが気になる方は、こちらの記事もチェック!
≫≫これがベスト7!熟成肉がたまらない極上ステーキの人気店
≫≫ファミリーで行きたい!大満足のハワイ 朝食&ランチ

ハワイの基本情報は、こちらの記事をチェック!
≫≫ハワイの基本情報/気候や時差、飲酒、喫煙、交通ルールも掲載 便利な早見表付き

ハワイには「ガーリックシュリンプ」以外の絶品ローカルフードがたくさん♪
ハワイアングルメを堪能したい方は、現在販売中の本誌をチェックしてください。
≫≫ 『るるぶホノルル'20 (るるぶ情報版海外)』 

※この記事は2019年6月発行の「るるぶホノルル'20」をもとにしています。データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1