台湾

台北

2017.10.13

10月の台湾はまだ夏仕様!? 気候や服装をチェックしよう

こんにちは、台湾担当のmimiです。日本が秋の服装になるこの時期、台湾ではどんな服装で過ごせばいい? 10月の気候や服装についてご紹介します。

10月でもまだ夏日に! 平均気温や台風は?

気象局の昨年の資料によると、2016年10月の台北の気温は 最高35.4℃(10月2日)、最低21.4℃(10月30日)、平均27℃。まだまだ夏モードだったことがわかります。写真は1年前の2016年10月に撮影したもの。空は秋の色合いですが、とても日差しが強い日でした。

また、2016年9月台北の雨量は428.5ミリ、10月は437.6ミリでした。今年も9月中は午後になると豪雨になる日が多く台風も来たので、年間でも最も雨量の多い月でした。10月は比較的雨量が少ないものの、台風が来る場合もあるので、天気予報に留意してください。

ジャケットは必要? ブーツは履いてる?

街行く人も、10月はまだ夏仕様。学校や企業の制服も、10月中は夏服を着用するところが多くあります。日中の日差しの強い時間帯には日傘を使い、まだまだ日焼け止めが手放せません。足元も、まだ素足にサンダルでも過ごせてしまいます。秋モード先取りのブーツスタイルは、この時期の台湾では蒸し暑く感じそうです。

一方、長い長い台湾の夏、「もう夏服に飽きた!」人たちは、汗をかきつつ長袖の秋物を着始めたり。

日本から秋の装いで台北へ来る場合、重めの上着はホテルに置いて出かけても問題ないでしょう。ただし、車内やレストランではクーラーが強く効いていたり、朝晩は涼しく感じることも。また、山側、海側は市内より気温が低いので、軽く羽織るものやスカーフなどを持っていると便利です。

色で見る台湾全土の月別気温の変化

台湾気象局の公式サイトでは、各種予報や過去の記録を確認することができます。下記のページでは、台湾全土の温度分布を色で表し、月ごとの変化をビジュアル化しています。台北以外の都市へお出かけの場合の目安にしてみましょう。

月平均溫度分布圖

http://www.cwb.gov.tw/V7/climate/climate_info/statistics/statistics_1.html

10月になっても、街のあちこちで鮮やかな南国らしい花を見ることができるのも、台湾ならではの楽しさですね。

夏の名残りがある10月ですが、真夏に比べれば湿度や雨量も落ち着きはじめ、台湾的には爽やかで、過ごしやすく感じられる季節です。ぜひお出かけください!

台湾交通部中央気象局

気温や日の出、日の入り、雨や台風、UV指数など各種情報を確認することができる。中国語、英語のみ。

【HP】
http://www.cwb.gov.tw/V7/

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1