台湾

台北

2018.05.07

小龍包の名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」へ行こう!

美食の街・台北には、世界中の人々を魅了する名店が数多くあります。とにかくここに行けば台湾グルメ旅を満喫できる、そんな店に行かないなんてもったいない!そんな”名店シリーズ”第一弾は、こちらのお店!

小籠包の名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」

ニューヨーク・タイムズ紙の「世界10大レストラン」に選ばれたこともある、名実ともに台北を代表する小籠包の名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。現在、日本を含めて世界13カ国に支店があり、今後も拡大を予定しているそうです。今回は、そんな鼎泰豊の魅力を名店たる理由とともにご紹介していきます!

 

看板メニュー小籠包の美味しさには秘密あり

豚のモモ肉、三星ネギ、ショウガなど約10種の厳選素材をブレンドした餡が絶品の定番メニュー小籠包(NT$200 10個)。薄皮からあふれ出る旨みたっぷりの肉汁はたまりませんね!多いときで1日1000セイロも売り上げるそうです!

この小籠包は、皮は18ヒダ、重さは21gと厳格に決められていて、すべて手作業で作られています。皮もスープや餡が透けて見えるほど薄い手作りの皮(5g)が自慢。また、注文を受けてから蒸し始めるので、いつでもできたてを食べられます。絶品の小籠包にはこんなにたくさんのこだわりが詰まっていたんですね!

 

小籠包のバリエーションが豊富!

小籠包といえば豚肉餡が一般的ですが、鼎泰豊にはカニやトリュフなどの高級食材を使用したものから、甘いスイーツ系まで、変わり種の小籠包が揃っているのも鼎泰豊の魅力のひとつ。味もこれまた絶品なバリエーション豊富な小籠包をいくつかご紹介します。

ヘチマとエビのコラボ「絲瓜蝦仁小籠包」 NT$170(5個)/NT$340(10個)

ヘチマとエビの小籠包。意外な組み合わせが見事にマッチし人気。ぷりぷりのエビとヘチマの独特な食感が楽しいひと品です。

カニのおいしさが凝縮!「蟹粉小籠包」&高級なトリュフの味わい「松露小籠包」

豚肉餡をベースにカニのミソと卵、カニの身が入ったリッチな小籠包「蟹粉小籠包」(NT$370 10個)(写真左)。カニミソの濃厚な旨みと甘さが口いっぱいに広がります
高級食材トリュフ入りの小籠包「松露小籠包」(NT$450 5個)(写真右)。餡にはフランス産のトリュフが練り込まれている上品なひと品です。ぜひご賞味あれ。

たっぷりこし餡が美味!豆沙小籠包 NT$160(10個)

こし餡がぎっしり入ったスイーツ系小籠包。和風のまんじゅうを彷彿させるなつかしい味わいに思わずにっこり。

定番中華も一級品のおいしさ!

看板メニューの小籠包以外にも、絶品の中華料理がたくさん。ビールのおつまみや締めににぴったりな麺やチャーハンなど、小籠包と一緒に食べたいおすすめメニューが満載です!

スタミナ抜群のご飯メニュー 排骨蛋炒飯 NT$210

チャーハンの上に豚のスペアリブが豪快にのったボリューム満点の一皿。スペアリブはやわらかく、骨がないので食べやすいのがうれしい!

ワンタンとピリ辛ダレがマッチ!紅油抄手(蝦肉)NT$160(8個)

モチモチのエビ入りワンタンをピリ辛のネギダレで味付け。花山椒のしぶれるような辛さがたまりません!辛いもの好きは必食です!

以上、台湾で行くべき名店シリーズ第1弾、小籠包の「鼎泰豊」をご紹介しました! 鼎泰豊でのオーダーの仕方などはこちらの記事でご紹介していますので、チェックしてみてください。
もはや観光スポット! 小籠包のスタンダードは鼎泰豐にあり

鼎泰豊の情報は「台湾 朝から夜までおいしいもの250 (JTBのムック)」でも詳しく紹介しています。台湾のおいしいものを集めたグルメブックになっています。台湾に行く前にぜひチェックしてくださいね!

ほかにも! 台北の人気グルメはこちら
ひとり旅女子も入りやすい、おすすめ台湾グルメ7選!
今人気の台湾、インスタ映えスイーツ5選!

鼎泰豊
ディンタイフォン

【交通】
淡水信義線・中和新蘆線東門駅から徒歩1分
【住所】
大安區信義路二段194號
【TEL】
02-2321-8928
【営業時間】
10~21時(土・日曜は9時~)
【定休日】
なし
【HP】
http://www.dintaifung.com.tw/tw/default.htm
Share!
  • Facebook
  • Twitter