台湾

台北

2018.05.14

台湾のクラフトビール工場「臺虎精醸実験室」で、おいしいビールの試飲と見学!

台湾でも大ブームとなっているクラフトビール。その数あるブランドのなかでも人気なのが、設立して2年目の「臺虎 Taihu」。台北市内に3店舗、台中市に1店舗を持ち、人気ブランドに成長しています。30代のオーナー5人が共同出資で始めた若い会社で、台湾らしさと海外の良いものも取り入れながら、ビールの新しい楽しみ方と場所を提供しつづけています。

その「臺虎」のラボ「台虎精醸実験室」で、工場見学とおいしいクラフトビールの試飲もできると聞いたので、ビール好きな友達と早速出かけてみました!

南港展覧館駅からタクシーで5分、「台虎精醸実験室」へ

台北の東側、MRT板南線「南港展覧館」駅からタクシーで5分ほどにある「台虎精醸実験室」。住所のある場所は複合ビルになっており、看板は出ていません。ビルの広場を抜けて左手に、「臺虎」のトレードマークのひょうたんマークの工場と、バーエリアの重厚な木のドアが見えてきます。

工場見学ができるのは毎週土曜日の15時から18時。1時間毎に、約30分のミニツアーが行われます。まずは木のドアのほう、バーエリアで待機しましょう。

参加費はひとり300元。特に予約は必要ありませんが、通常1回につき20人までのツアーのため、人数が多い場合は予約をしておくと安心ですよ。

この日のツアーは台湾人女性4人、フィリピンから来た中華系の男性2人、日本からの男性1人、そして私たち台北在住の日本人女性3人の構成でした。ツアー前は、工場横の広いバーエリアで待機。タップがずらりと並んで、この日は13種類のビールが用意されていました。見学中の試飲のほか、この13種類のなかから一杯無料サービスあり。追加は有料で飲むことができます。見学なしで、ビールを飲むだけでももちろんOK!

ビール工場なのに大きなウイスキーの樽!?

いざ!工場の入り口に入ると、大きなウイスキーの樽が積まれていました。なぜビール工場にウイスキー?と尋ねてみると

「これはアメリカ・ケンタッキー州のウイスキー工場から運んできたものです。中は空ですが、このウイスキーの香りがしみ込んだ樽の中で、インペリアル式ビールを作っているところなんですよ」

それはぜひ飲んでみたい!ウイスキー好きの私たちは目がランラン。出来上がるのが楽しみですね。

工場では、酵母の入ったフラスコやホップ、大麦、小麦などビールの原料が置かれる小さな実験室を見ることができます。どの部屋にも、香木やチョコレートのようなあまく香ばしい香りが満ちていて、ビールは自然から生まれるものなんだなあ…と認識を新たにしました。

待ちに待ったクラフトビール試飲タイム!

そしてお待ちかね、試飲タイムです。ドイツから仕入れたタンクから直接出してくれたのはこちら、パッションフルーツのビールです。ほのかにピンクがかったクリーミーな泡が落ち着くと、うっすら紅色のビールが姿を現してきました。

台湾では果物を使ったビールも増えていますが、パッションフルーツのさわやかな酸味と甘さ、そしてこのきれいな色。まるでピンクシャンパンのようで、その場にいた女性全員が大絶賛。お店で飲めるようになるのはもう少し後のことだそうです。

見学終了後には、またバーエリアに戻って好きなものを試飲しましょう。わたしは「小麦」と書かれたWeissbier(ヴァイスビール)にしました。香ばしい麦のかおり、新鮮な味わいは工場真横ならではの贅沢なおいしさ!もう一杯飲みたい!おかわりはおトクな180元!

ほかにも「MOMO PEACH WEISS」、「日出柳丁(オレンジ)」などフルーツフレーバーや「ENGLISH IPA」「INDIA PALE ALE」など、通常13種類程度が要されていますが、季節によって内容は変わると。

ずらっと並んだタップ、よく見るとひょうたん型と虎のモチーフで、これも特注品なのだとか。

この虎のロゴのグラスは、清算後にお土産として箱入りでお土産に貰えます。ほかにも、バーのあちこちで使われる「虎とひょうたん」モチーフのTシャツ(600元~)やキャップなども販売しています。男女サイズがあるので、ツウすぎて誰ともかぶらないお土産に、ひそかにおススメですよ!

台北市内でゆっくり飲みたい方には、店舗のご利用をおすすめ。信義や西門町のホテル「Hotel PaPa Whale」1Fの「Driftwood 西門町」など、公式サイトの店舗ページからお近くの店舗を探してみましょう。

 

若い世代が「台湾らしさ」や伝統の手法をしっかり継承しながら新しい味と空間を作っていくパワーが感じられた「臺虎」の工場見学。「ほっこりゆるやか、やさしい系」だけではない台湾の面白さも、ぜひ一度体験してみてください。
以上、台湾に来てからビールが大好きになったようこがお伝えしました。

台虎精醸実験室
Taihu Lab

台湾クラフトビール「臺虎精釀TAIHU BREWING」の工場

【交通】
MRT板南線、文湖線「南港展覧館」駅からタクシーで5分。道路側に看板などは出ていないので、運転手には必ず下記に記載の住所を伝えてください。
【住所】
新北市汐止南陽街199號
【TEL】
(02)2692-1072
【営業時間】
毎週土曜日14~19時。見学は15時、16時、17時、18時
【定休日】
日~金
【料金】
300元(試飲とお土産付き)
【HP】
https://www.taihubrewing.com/

Driftwood 西門町

「台虎」直営のバー

【交通】
MRT「西門」駅から徒歩10分
【住所】
台北市萬華區昆明街46號 (Hotel PaPa Whale)
【TEL】
(02)2388-3699
【営業時間】
月~木 17時~23時30分、金 ~翌1時30分、 土 15時~翌1時30分、日 15~23時30分
【定休日】
無休
【料金】
400元~
【HP】
https://www.facebook.com/driftwoodxmd

Share!
  • Facebook
  • Twitter