台湾

台北

2018.05.15

春水堂タピオカミルクティーのチョコレートが新登場!

日本でも"行列のできるタピオカミルクティーのお店"として知られるようになった「春水堂」。この「春水堂」が本気のタピオカミルクティー風味のチョコレートをJTBとコラボして開発したと聞いて、さっそく行ってきました!

「春水堂」が監修!本気のタピオカミルクティー風味チョコレート

「春水堂」は、台湾・台中発祥の、元祖タピオカミルクティー店。紅茶とミルクの程よい濃さとバランス、タピオカにもこだわる品質は「やっぱり美味しいね~」と地元の人もうならせ、観光客にも大人気。今では台湾を代表するグルメブランドのひとつになっています。その「春水堂」が監修したタピオカミルクティー風味のチョコレートとはどんなお味なのでしょうか・・・?期待がふくらみます。

独占販売中のJTB台湾マイバスデスクへ

今、台湾ではここでしか販売していないとのことで「JTB台湾マイバスデスク」へ行ってきました!
MRT「中山」駅または「雙連」駅から徒歩7分、「國賓飯店(アンバサダーホテル)」北側おとなりへ2018年4月に移転し、拡大リニューアルオープンしたばかりだそう。
日本語で対応してもらえ、広々した安心できるスペースが居心地◎。

 

春水堂の味がする!ハイグレードな間違いなしの逸品

春水堂とJTBのコラボレーションで開発したこの「タピオカミルク的風味チョコレート」。ダークブラウンに赤と金のアクセント、お茶道具のイラストが浮きぼりになったパッケージは片手で持てる程よい大きさで、奥ゆかしくてステキです。花や果物など華やかなデザインのパッケージが多い中、シックな雰囲気は逆に目をひき、ハイグレードなお土産になる予感がします。

中には金色にひとつづつ包装された板状のチョコレート。包みを開くと台湾ミルクティ独特の苦味がベースになった甘い香りが広がりました。さっそくひとついただきましょう。

紅茶のほろ苦さ、タピオカの甘さとチョコレートをミルクが優しくまとめていて、春水堂のあの味が口の中でよみがえるようです。いわゆる「お土産系ご当地系チョコレートにありがちな悲しみ感」はゼロ。かさばらないから持ち帰りも楽ちんで、ばらまき土産にも、気の利いたお土産を渡したい時にもぴったり。

 

JTB台湾マイバスデスクは、JTBのツアーの方以外でも利用できます!

この「春水堂タピオカミルクティー風味チョコレート」は、春水堂店舗では販売していません。台湾で購入できるのは「JTB台湾マイバスデスク」だけ。

「JTB台湾マイバスデスク」は誰でも利用可能なので、フリープラン旅行や台湾在住の方も購入できます。また、サイトでの事前予約で1000元以上購入すると、台北市内のホテルなど指定のご住所まで配送も可能だそうです。
デスクへ行く時間がない場合やまとめ買いに便利ですね。

以上、台北からようこがお伝えしました!

 

JTB台湾マイバスデスク

「春水堂」タピオカミルクティー風味チョコレート

【交通】
MRT「中山」駅、または「雙連」駅から徒歩7分 アンバサダーホテル隣
【住所】
台北市中山北路2段71号1階
【TEL】
(02)2581-2239
【営業時間】
9~17時
【定休日】
無休
【料金】
350元
【HP】
https://www.mybus-asia.com/taiwan/souvenir_product.php?souvenir_id=1341

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1