台湾

台北

2018.06.06

B級グルメがおいしい!台北で行くべき夜市4選

グルメ屋台や雑貨の露店が連なり、夜祭のように熱気に包まれる台北の夜市。グループで行くのもよし、一人で夕飯に利用する仕事帰りの地元っこも多いので、ひとりでも気兼ねなく台湾のB級グルメのはしごが楽しめます。そんな活気ある台北の夜市は、特徴や規模もさまざま。その中でもオススメな4つの夜市を☆印で比較してご紹介します。あなたのお気に入りを見つけてくださいね!

どの夜市に行く?選び方のポイント

<その1>夜市の規模に注目

巨大な観光夜市も楽しいが、規模が大きすぎて疲れてしまうというデメリットも。夕飯がてらにちょっと散歩したい場合は小~中規模の夜市を選ぶのも手です。

<その2>夜市でしたいことを明確に

夜店風ゲームや占いを楽しみたいのか名物グルメを食べたいのか、プチぷらのバラマキみやげを探したいのかなど、目的で行くべき夜市も変わってきます。

<その3>ロケーションを確認

台北の夜市は比較的治安が良いが、夜遅くまでふらつくのはNG。深夜のタクシー利用も避けた方が無難です。交通機関とホテルの場所を考慮して選びましょう。

グルメ&占い系が充実!「饒河街顴光夜市」

規模 :中
グルメ:★★★★☆
ゲーム:★★☆☆☆
みやげ:★★☆☆☆
占い :★★★★☆

約600mの歩行者天国に、台湾グルメの屋台やファッション、雑貨など露出がズラリと並び、多くの人出で賑わいます。1時間あればグルッと見て回れる適度な規模で、グルメ、占い、ゲームなど夜市の楽しみが凝縮。一本道を往復するだけなので分かりやすい夜市で、占いが充実しているのも特徴。

これ、何かと思ったらなんと占いなんです!小鳥がくわえたカードで運勢を解説してくれる小鳥占い。(NT$300~)
先生は日本語ができないので筆談用のノートとペンを用意しましょう。松山慈祐宮側のゲートを入ってすぐ左手にあります。

中心部あたりには座って食事ができる屋台が並んで賑やかです。ひとりでも食事しやすい雰囲気ですね!

福州世祖胡椒餅の胡椒餅(NT$50)。胡椒で味付けした豚ひき肉と青ネギを皮で包んで焼いた饅頭。

東發號の蚵仔麵線(NT$60)。カツオ節ダシのトロミスープ牡蠣入りそうめん。

 

行列屋台が集まるグルメ派夜市「寧夏夜市」

規模  中
グルメ ★★★★★
ゲーム ★☆☆☆☆
みやげ ★☆☆☆☆
占い  ☆☆☆☆☆

グルメな地元っ子で賑わう美食派向け夜市。歩行者天国の寧夏路に、B級グルメ屋台がズラリと2列に並び、大通りの民生西路沿いにも屋台が出ています。名物店や話題の店にはズラリと行列ができているので一目瞭然です!寧夏路沿いに立ち並ぶ常設の食堂もハイレベル。台湾風オムレツの蚵仔煎や魯肉飯を食べるのもおすすめです!

こちらは方家雞肉飯の雞肉飯(NT$30)。ダシがしっかり効いたタレとやわらかい鶏肉が絶妙!

阿婆飯糰の飯糰(NT$35)。モチ米で揚げパンや肉デンブなどを包んだおにぎり。

 

台北で一番有名な巨大夜市「士林夜市」

規模  大
グルメ ★★★★★
ゲーム ★★★★★
みやげ ★★★★★
占い  ★★☆☆☆

台北最大級の夜市といわれる一大観光スポット。新士林市場(士林公有市場)は、1階が雑貨やファッションの露店とゲーム、地下1階が美食エリアとなっていて、グルメ目的ならこの地下1階がおすすめ。有名なチキンの店をはじめ士林名物がそろっています。周辺の大東路や大南路、文林路にも食べ物系の市場が連なっていて賑やか。

豚肉ソーセージをもち米入り腸詰めで挟みホットドッグ風にした士林昇記大香腸の大腸包小腸(NT$50)。
とにかく大きい士林名物のクリスピーチキンは一度は食べてみたい!顔の大きさくらいあります。豪大大雞排の豪大脆皮雞排(NT$70)。

 

台北101近くのローカル夜市「臨江街夜市」

規模  小
グルメ ★★★☆☆
ゲーム ★★☆☆☆
みやげ ★★★☆☆
占い  ☆☆☆☆☆

貿易センターや台北101が立つオフィス街に近く、仕事帰りのOLさんも立ち寄るローカル夜市。食べ物系の屋台が中心ですが、お手頃価格のファッションや生活雑貨を扱う露店、店も多くグルメ、ショッピングとも楽しめます。ひとりでのんびり散策するには丁度良い混雑具合。座って食べられる店もあります。

サツマイモの団子の地瓜球10個(NT$20)。さつまいもがベースのもちもち揚げ団子です。

 

以上、おすすめの台北夜市4選をご紹介しました。行ってみたい夜市はみつかりましたか?こちらの情報は「ソロタビ 台北」にマップ付きで詳しく掲載していますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ
>>るるぶ編集部推薦!台湾、夜の食い倒れプラン☆
>>台北101のフードコートで美食三昧

Share!
  • Facebook
  • Twitter