台湾

台北

2018.06.18

台北最強のパワースポット「龍山寺」で参拝&占い!

本日は『ソロタビ台北』より、台北で最も有名ともいえるパワースポット「龍山寺」の話題をお届けします!龍山寺は、老若男女を問わず多くの人々が参拝に訪れる人気スポット。きちんと願いが叶うように、台湾式の参拝方法をじっくりご紹介します!

龍山寺ってどんな場所?

龍山寺は1738年に創建されたという台北最古の寺院で、市内で最も高い格式を誇ります。正殿と三川殿には仏像、後殿には道教や民間信仰の神像が祭られていて、商売繁盛から学業成就、健康・長寿などご利益もバラエティ豊かなんです。

龍山寺の参拝方法

1. 線香&ロウソクを購入!

境内へは右側の「龍門」の入口から、左足で敷居を踏まずに入りましょう。(出るときは左側の「虎門」からでます。)龍門から入ったらすぐ右にある売店で線香とロウソクを購入します。お供えもここで買うことができますが、お供えをしない場合は買わなくても大丈夫です。

 

2. ロウソクに点火して燭台へ

前殿(三川殿)の両側にある燭台で、ロウソクに点火して1本ずつお供えしましょう。

 

3. 線香に点火して本殿にお参り

前殿の点火所で今度は線香3本に火を着けましょう。前殿で本殿側に向かい、線香を頭上に挙げて3回おじぎをして、願い事があるなら名前と生年月日、現住所を唱えてから具体的なお願い事をしましょう。

 

4. 観音炉に線香1本をお供

前殿と本殿の間にある観音炉に線香を1本供えて本殿に向かいお参りします。

 

5.天公炉に線香1本をお供え

本殿の前にある天公炉に線香を1本供え、本殿を背にしてお参りします。

 

6. 本殿のご本尊にお参り

本殿(圓通宝殿)のご本尊、観世音菩薩にお参りしましょう。ご利益は厄除けなどがあります。

 

ご本尊の観世音菩薩はここにいます!

空襲で本殿が崩壊した際、唯一難を逃れたというご本尊はこちらにいます。

 

7. 後殿の神様にお参り

本殿の右側から後殿へ入り、中央の天上聖母殿の媽祖、右側の文昌帝君、左側の關関聖帝君の順でお参りします。

 

縁結びの神様、月下老人はココに!

赤い糸伝説で知られる縁結びの神様、月下老人は後殿の左側に。置いてある赤い糸は自由に持ち帰ることができます。

 

台湾式おみくじで占いにチャレンジ!

前殿では台湾式のおみくじが体験できます。まずは前殿の三宝仏に名前、住所、職業、占いたい内容を伝えてからスタート!午前中や週末には日本語のできる係がいることがあるので、分からないことは聞いてみましょう。

1. 聖筊を投げる

聖筊を2つ投げる。写真のように「表と裏」が出たら占いをしてOKのサインです。3回まで挑戦できます!占いをしていいかまずは尋ねる、というのも日本ではない風習なのでおもしろいですね。

 

2. クジを引く

クジの束を上下に振り一番飛び出したクジを引いて番号を確認。この番号でいいかお伺いをたてるために、再度聖筊を投げます。「表と裏」が出たらYESの意味なので、3へ進みます。もし「表・表」「裏・裏」が出たらクジを引き直して、もう一度お伺いを立てます。

 

3. 引出し所へ

該当番号の引出しからおみくじ1枚を取り出します。取り出したおみくじを持って解籤所へ行くと、くじの内容を解説してくれます。日本語ができるスタッフもいることが多いので、探して解説してもらいましょう。

以上、台北最強のパワースポットとよばれる「龍山寺」での参拝方法と占いをご紹介しました。
こちらの情報は「ソロタビ 台北」でも詳しく載っていますのでぜひチェックしてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ!
>>「霞海城隍廟」台湾の縁結びパワースポットで恋愛成就祈願
>>初めて台北 2泊3日王道コース-DAY3

龍山寺
【交通】
板南線龍山寺駅から徒歩3分
【住所】
廣州街211號
【TEL】
02-2302-5162
【営業時間】
6~22時
【定休日】
なし
【料金】
拝観無料

Share!
  • Facebook
  • Twitter