台湾

2019.05.20

2019年6月30日開業!台湾・台中に「星のやグーグァン」オープン

なんと、あの「星のや」がバリに続いて2軒目の海外施設を台湾・台中にオープン。

場所は台中郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)。3,000m級の山々が連なる台湾中央山脈の麓にあり、台湾中部を流れる河川「大甲渓(だいこうけい)」が削ってできた谷あいに温泉が湧出しています。日本の温泉地のような懐かしさがある一方で、今もなおダイナミックな自然が残っているのが特徴。

そんな自然あふれるロケーションの中に誕生するラグジュアリー温泉リゾートの全貌をご紹介しましょう。

源泉かけ流しの温泉フロアを持つメゾネット客室

ほとんどの客室がメゾネットタイプ。リビング&ベッドルームのフロアと温泉フロアに分かれているので、風を感じながらゆっくりと温泉に浸かる時間と、リビングや寝室でくつろぐ時間、2つの時間の楽しさを感じることができます。

test

すべての客室に半露天風呂がついていて、浴槽に注がれる温泉は美肌の湯ともいわれる『弱アルカリ性炭酸泉』。目の前には緑あふれる大自然が広がり、心地よい風を感じながらの湯あみは最高!浴槽の隣には湯上り処も併設されていて、たっぷりとプライベートな温泉体験が楽しめそうです。

test

写真の「月見」のお部屋の温泉フロアは、ほかのお部屋と比べて2倍。ゆったり温泉を満喫したいならこのお部屋がおすすめです。

さらに広々した大浴場もあります

test

客室の温泉フロアのほかにも、パブリックスペースに大浴場を完備。日本的な木質系の内湯と、独創的なデザインの露天風呂があるので、こちらもぜひ利用してみて。

湧き水でデザインされたウォーターガーデンも

test

高台に建つ「星のやグーグァン」は、温泉だけでなく、湧き水を生かして設計されています。たとえば水路が張り巡らされたウォーターガーデンでは心地よい水音が響き、水路を彩る花々や、木々の間を縫って流れる水を眺めながら散策が楽しめます。

豊富なアラカルトから日本料理まで、滞在シーンに合わせた料理

「星のやグーグァン」では、台湾で親しまれている食材と日本料理の調理技法をかけあわせた、新たな食の魅力が堪能できます。たとえば、チョウザメの南蛮漬け。油でいったん揚げて旨味を凝縮させることで、淡泊な味わいに変化が。酸味のきいた南蛮だれに漬けて、さっぱりと仕上げた味わいは、温暖多湿な台湾の気候とも相性抜群。調理技法だけでなく、器にも和の要素を取り入れ、台湾と日本の食文化の融合を体感できます。

ダイナミックな自然に囲まれたロケーション

山間に立つ宿のすぐ裏手には全長1,300mの遊歩道も。吊り橋や、谷關を一望できる展望台もあって、台湾の大自然を満喫することができます。春には桜、秋には紅葉も楽しめるようですよ。

台湾にできる新しい「星のや」。予約は2019年5月15日からスタート。注目のスポットになりそうです。

星のやグーグァン
【交通】
台北松山空港より台北駅で乗り換え、高速鉄道台中駅から車で約90分
【住所】
台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷16号
【料金】
1泊1室NT$ 18,000~(予定)
【HP】
https://hoshinoya.com/

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1