台湾

台北

2019.06.26

NEW台湾式朝ごはん!「甘妹弄堂」で客家の味を楽しもう♪[PR]

台北で過ごすなら、台湾式朝ごはんは絶対食べたい!初心者からリピーターまで幅広くおすすめしたいのが、忠孝復興駅と西門駅に2店舗を構える「甘妹弄堂」。ここでは鉄板で焼く小籠包や限定スープなど、伝統に客家のテイストを加えたニュータイプの台湾式朝ごはんが味わえます。

忠孝復興駅付近に構える大安店のほか、2019年6月に西門店がオープン予定。

まずは鉄板で焼く特製小籠包を堪能しよう!

甘妹弄堂で必ず食べたいのが、招牌韭黃鐵板湯包(NT$125)。毎日お店で手作りされ、店内にある鉄板で焼かれています。焼き面のサクッパリッとした食感と、ジュワッと溢れ出すスープは、一度食べたらやみつきになること間違いなし。

焼き上がりの瞬間、大きな鉄板から立ち上る湯気にワクワクが止まりません!

朝からほっこり♡鶏のスープも大人気

やさしくお腹を満たしたいときは、滋味深い鶏のスープが定番。香ばしくて少しスパイシーなスープと、ジューシーな鶏肉がたまりません。写真左から客家麻油雞湯(NT$120)、蒜頭雞湯(NT$100)、剝皮辣椒雞湯(NT$100)

小籠包や鶏のスープは、「金柑ソース」と一緒にいただくのもおすすめ。客家の料理には欠かせないソースで、酸味と甘さのバランスが絶妙です。ぜひお試しあれ!

ヘルシーな特製ドリンク「擂茶豆乳」にトライ

test

擂茶は客家の伝統的な飲料。茶葉やごま、落花生などのナッツを陶磁器の鍋で粉末にして作られる、客家の人々の健康に欠かせないお茶です。それを豆乳で割った擂茶豆乳(NT$60)は、食事と一緒にいただけるやさしい甘さが魅力。豆乳が苦手な方には、鮮乳坊の牛乳を使った擂茶牛乳(NT$80)もあります。

今回ご紹介したほかにも、台湾式朝ごはんに欠かせない蛋餅(クレープ包み)や飯糰(具だくさんのおにぎり)なども、この店ならではの味で楽しむことができます。伝統に客家テイストを加えた台湾式朝ごはん、ぜひ味わってみてくださいね♪

甘妹弄堂西門店
【住所】
萬華區昆明街130號
【TEL】
02-2331-7655
【営業時間】
7〜21時
【定休日】
毎月最終火曜

甘妹弄堂大安店
【住所】
大安區大安路一段71號
【TEL】
02-2721-6458
【営業時間】
7〜21時
【定休日】
毎月最終火曜

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1