台湾

台北

2017.08.02

カエルのマークの「東區粉圓」で、伝統の台湾スイーツを!

台北で伝統スイーツの名店といえば、カエルのマークで知られる「東區粉圓」。地元客の行列と漢字が並んだメニューの多さに一瞬怯むが、基本はかき氷やお汁粉などのベースに、好みのトッピングをのせるというシンプルなものだ。看板メニューのタピオカをはじめ、毎日手作りするトッピング類はイモや豆の自然な甘みを生かしたヘルシーなものが中心。味だけでなくそれぞれに異なる食感を楽しめるのも醍醐味だ。

トッピングの組み合わせは自由自在。オーダー方法を確認

オーダー方法はかんたん。どれも1杯NT$60。

①まずは「冷」(冷たくするか)「熱」(温かくするか)を選ぶ。

②それぞれ4種類からメニューを決める。

・ひんやりデザート(かき氷)の場合
任選…お好み4種
粉圓…タピオカ+お好み3種
豆花…豆花+お好み3種
綜合…タピオカ+店員オススメ3種

・あったかデザート(お汁粉)の場合
紅豆湯…お汁粉+お好み3種
焼仙草…仙草ゼリー+お好み3種
糖水…シロップ水+お好み4種
豆花…豆花+お好み3種

③好きなトッピングを選ぶ

小紅豆(あずき)、芋頭(タロイモ)、地瓜圓(サツマイモの団子)、涼圓(葛団子のようなもの)、杏仁(杏仁風味の寒天)、粉粿(芋粉のゼリー)、湯圓(白玉団子のようなもの)、緑豆(青大豆)、地瓜(サツマイモ煮)、粉圓(タピオカ)、雪蓮子(蓮の実)、大紅豆(金時豆)など、トッピングはさまざま!

食感もいろいろな、4つのトッピングを選んでみました!

写真手前…紅豆湯+白木耳+地瓜圓+雪蓮子
写真左奥…豆花+緑豆+花生+小紅豆
写真右奥…粉圓+湯圓+薏仁+芋頭

糖水はおかわり自由! つゆだくでいただくのが現地流

座席には氷と糖水の鍋がどどん!と置かれています。できあがったデザートにかけて召し上がれ。みんな途中で自由にお代わりしています。

東區粉圓
ドンチユーフンユエン

【交通】
MRT板南線忠孝敦化駅から徒歩5分
【住所】
信義區忠孝東路四段216巷38號
【TEL】
02-2777-2057
【営業時間】
11時~23時30分
【定休日】
なし

※この記事は2016年5月発行の「台湾最高体験100」をもとにしています。物件データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1