台湾

台北

2019.10.30

台北市内の観光は、MRT&交通カードを上手に使いこなそう!

台北市内を網の目のように走るMRT(地下鉄)は、安くて快適な市民の足。
観光客の間ではリーズナブルなタクシーも人気ですが、渋滞知らずのMRTなら効率的に観光スポットを巡ることができます。

そこでこちらのページでは、乗車の際の注意ポイントをご紹介。
多くの交通機関で使える便利&お得な交通カードの情報も掲載しているので、旅の参考にしてください♪

 

MRT乗車&駅構内、3つの注意ポイント!

★MRTの車内では飲食禁止★
飲料、飴、ガムなどもNGなので要注意。
違反者にはNT$1500~NT$7500の罰金が科されることもあります。

★博愛座をチェック★
車内には「博愛座」という高齢者や体の不自由な人のための優先席があります。
台北では、一般席でも積極的に譲る人が多いのが特徴です。

★エスカレーターは右側に立つ★
台湾ではエスカレーターで立ったままの人は、右側に立つのが暗黙のルールです。
左側は急ぐ人のために空けておくようにしましょう。

 

MRTの運行時間

MRTの運行時間は6時~24時ごろ
朝夕のラッシュ時は、2分~4分間隔。
日中でも4~6分間隔の目安で運行しています。

 

便利&お得な交通カードは3種類!

MRTへの乗車は切符(=トークン)を購入するのが一般的ですが、交通カードを上手に活用すればさらに便利&お得です!

【悠遊卡( Easy Card )】
有効期限のない、一般的な交通カード。
チャージはMRT各駅の窓口や、自動チャージ機、もしくはコンビニで可能。
乗車料金2割引きなのでとってもお得!
チャージ金額の残りは、手数料NT$20で返金可能。

「料金」カード代 NT$100 + 任意のチャージ額(NT$100単位)
「購入場所」MRTの駅窓口・悠遊卡マークのあるコンビニ・台北車站悠遊卡カスタマーセンター
「バス」利用可能 ※MRTとバスの乗継で割引あり(1時間以内に乗継)
「コンビニ支払い」OK
「その他」猫空ロープウェイや連絡船、台鐡でも一部利用可。台北市動物園の入場券支払いにも使える。

 

【1日票(One–DayPass)】
1日だけの利用でバスに乗る予定がない人におすすめのカード。
購入したその日の運行終了時間まで乗り放題。
2日以上の利用か、MRTもしくはバスに通算5回以上乗るなら悠遊卡がお得です。
※桃園機場捷運線、猫空ロープウェイには使用不可

「料金」NT$150
「購入場所」MRTの駅窓口
「バス」利用不可
「コンビニ支払い」不可
「その他」24時間単位のカードもある(NT$180)

 

【北北基好玩卡(FunPASS TAIPEI)】
MRT、台北市内バス全線に期間内乗り放題(路線番号4桁のバスは除く)。
※桃園機場捷運線、猫空ロープウェイには使用不可。(猫空ロープウェイを含む1日票NT$350もあり)

「料金」1日票NT$180 / 2日票NT$310 / 3日票NT$440 / 5日票NT$700(24時まで利用可)
「購入場所」MRTの駅窓口
「バス」利用可能
「コンビニ支払い」不可
「その他」ホームページ(funpass.travel.taipei)やアプリで施設の優待情報を掲載

 

MRTの乗り方を知りたい方は、こちらの記事をチェック!
≫≫ 台北観光の足! 地下鉄「MRT(台北捷運)」乗り方ガイド
台北のバスの乗り方はこちら!
≫≫バスを乗りこなして、台湾観光を快適に!
空港からMRTで市内へ!
≫≫桃園国際空港から台北駅まで、MRTの利用法!

台湾(台北)の情報をもっと詳しく知りたい方は、現在発売中の本誌をチェック。
エリアごとのおすすめスポットを多数掲載しているので、MRTを活用して台北観光を楽しみましょう♪
≫≫『るるぶ台北’20(るるぶ情報版海外)』

※この記事は2019年5月発行の「るるぶ台北’20」をもとにしています。データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1