台湾

台北

2019.11.06

台北で食べたい個性派麺!話題の麺線からワンタン麺までおすすめ5店

台湾には、ローカルフードの王道「牛肉麺」のほかにも美味しい麺料理がたくさん!
具材やスープのバリエーションが豊富なので、毎日食べても飽きることがありません。

台湾の麺料理をもっと極めたい方のために、ローカルに混ざって人気の個性派麺を食べることができるお店をご紹介。
味の違いを知っておけば、旅先でお好みの麺料理を見つけることができますよ♪

 

【阿宗麺線】麺線が味わえる行列覚悟の名店!

創業時からメニューは麺線のみという、1975年創業のテイクアウト専門店。
店頭での立ち食いスタイルですが、行列してでも食べたいのが、かつおだしの風味豊かな「麺線/小(NT$55)」。
そうめんのような細い麺にとろみのあるスープが絡み、やさしい味わい。
麺もとろとろなので、スープと一緒にレンゲですくって食べましょう。

阿宗麺線
アーツォンミエンシエン
交通 松山新店線・板南線西門駅から徒歩3分
住所 峨嵋街8-1號
TEL 02-2388-8808
営業 9時~23時
定休日 なし

 

【度小月】100年続く台南の擔仔麺

100年の歴史をもつ台南の名物料理・擔仔麺の老舗の台北支店。
小麦のストレート麺にエビの頭からとったスープが美味しく絡む、あっさり系がお好きな方におすすめの「擔仔麺(NT$50)」。
汁麺(汁あり)と乾麺(汁なし)の2種類から選ぶことができ、肉そぼろを混ぜて食べるとおいしさ倍増です!

度小月
トゥーシャオユエ
交通 板南線忠孝敦化駅から徒歩3分
住所 忠孝東路四段216巷8弄12號
TEL 02-2773-1244
営業 11時~21時30分
定休日 なし

 

【城中老牌牛肉拉麺大王】麺と肉味噌が絶妙なバランス!

活気ある城中市場の中のローカル感漂う老舗店。
香ばしい肉味噌が食欲をそそる「炸醤麺/大(NT$65)」は、食べ応えたっぷり。一緒についてくるあっさり味の牛肉スープが、食欲を掻き立てます。
混雑時でも回転が速く待ち時間は短め。店員さんや常連さんはとても気さくで親切です♪

城中老牌牛肉拉麺大王
チョンツォンラオパイニウロウラーミエンターワン
交通 松山新店線・板南線西門駅から徒歩10分
住所 重慶南路一段46巷7號
TEL 02-2381-5604
営業 10時~20時
定休日 なし

 

【意麺王】1日1000食を売り上げる人気店!

1938年に屋台の麺屋として創業した、日本統治時代から変わらないシンプルかつ深みある味わいが地元の常連客に愛されている人気店。
「餛飩湯麺(NT$50)」は、あっさりしたスープにしっかり味付けされたワンタンがおいしい♪

台湾の定番麺「乾意麺(NT$30)」は、甜麺醤やスパイスソースなどで作る特製ダレが辛ウマ!麺とよく絡ませて食べましょう。

意麺王
イーミエンワン
交通 淡水信義線雙連駅から徒歩15分
住所 歸綏街202號
TEL 02-2553-0538
営業 10時30分~20時30分
定休日 水曜

 

【史大華精緻麺食館】酸味が効いた汁なしワンタン麺

誰もが幸せになる味わいを追求した料理の数々は、毎日でも食べたくなる母の味。昼食に愛用するビジネスマンが絶えない名店です。
プリプリジューシーなワンタンがたっぷりの「抄手拌麺/小(NT$100)」は、黒こしょうと刻み玉ネギがアクセント!

史大華精緻麺食館
シーダーホアチンツーミエンシークワン
交通 淡水信義線信義安和駅から徒歩10分
住所 安和路二段145號1F
TEL 02-2738-8788
営業 11時30分~14時30分、17時~21時
定休日 日曜

 

【晶華冠軍牛肉麺坊】海鮮たっぷり!

リージェントホテルグループが手がける牛肉麺がメインのお店ですが、香辛料が効いた東南アジアの麺料理ラクサも人気。
「新加坡叻沙海鮮麺(NT$360)」は、海鮮がたっぷり乗ってとにかく具だくさん!
フォーに絡まるピリ辛のココナッツミルクスープは、病みつきになる美味しさです♪

晶華冠軍牛肉麺坊
チン ホアクアン チュン ニウロウミエンファン
交通 板南線市政府駅から徒歩1分
住所 忠孝東路五段68號4F(微風信義内)
TEL 02-8786-8799
営業 11時~21時30分(木~土曜は~22時)
定休日 なし

現在発売中の本誌には、台湾のグルメ情報が満載!
有名店だけでなく、ローカルに愛される知る人ぞ知る名店も多数掲載しているので、台湾旅行を計画している方はぜひチェックしてください♪
≫≫『るるぶ台北’20(るるぶ情報版海外)』

こちらの記事もおすすめです!
≫≫台北 永康街で食べたい♡大満足の台湾グルメ
≫≫小籠包の基礎知識♪おいしい食べ方や注文方法を伝授!

※この記事は2019年5月発行の「るるぶ台北’20」をもとにしています。データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1