旅ワザ

台湾

台北

2019.12.13

台湾で夜市を100%楽しむ旅ワザ!営業時間から注意点まで掲載

台湾を訪れたら必ず行きたいのが、熱気あふれる夜市!
屋台のB級グルメを食べ歩いたり、プチプラ雑貨に出合ったり、ゲームや占いを楽しんだりetc……時間がいくらあっても足りないくらい、ディープな台湾の夜を味わい尽くすことができます。

そこで、台湾初心者さんでも夜市を100%楽しむことができるよう、夜市の基本情報&お得な旅ワザを伝授。
それぞれの夜市の営業時間や、夜市を楽しむための注意点をまとめました!

 

夜市とは?

寺廟や市場の周辺に屋台が集まり、形成された屋台村が前身といわれます。
台湾各地にあり、規模もさまざま。
まずはこちらの記事で、それぞれの夜市の特徴を知りましょう!
≫≫ B級グルメがおいしい!台北で行くべき夜市4選

 

夜市の営業時間は?

営業時間は、夕方17時ごろ~深夜24時過ぎくらいまでが一般的。
週末は特に混みあい、オフピークなしで混雑しているところがほとんどです。

【士林夜市】
営業 17時ごろ~24時ごろ
定休日 なし

【饒河街顴光夜市】
営業 17時ごろ~翌1時ごろ
定休日 なし

【寧夏夜市】
営業 18時ごろ~24時ごろ
定休日 なし

【臨江街夜市】
営業 18時ごろ~24時ごろ
定休日 なし

 

夜市での注意点

  • 両替所がないので、小額紙幣や小銭を十分に用意しておきましょう
  • トイレがないところが多いので、駅などで済ませておきましょう
  • はぐれたときの待ち合わせ場所を決めておくと安心です
  • スリ置き引きには要注意

 

夜市で注文するときは指差しでOK

日本語が通じなくても心配なし!店頭のものや他のお客さんが注文しているもの、メニューなどを指差せばだいたい通じます♪
メモやスマホ、るるぶ台北の誌面を活用するのもおすすめです!

 

夜市の行列はおいしい目印

屋台の前に行列ができていても、意外と回転は速いのでひるまず並んでみましょう!
現地の人のアンテナは頼りになるので、絶品グルメに出会える確率が上がるはずです♪

 

夜市はウェットティッシュが必須

夜市のフードは手で持って食べるものも多いので、食べ歩きにはウェットティッシュが必須。
使い捨ての箸やスプーンを持参するのもおすすめです♪

 

夜市はお酒の持ち込みがOK

夜市はお酒を置いていないところが多く、持込み可能な屋台がほとんど。
B級グルメとともにお酒を楽しみたい方は、先に購入しておきましょう!

 

夜市によって出ている屋台も雰囲気も異なるので、気になる夜市をはしごしてみるのもおすすめです!
現在発売中の『るるぶ台北’20(るるぶ情報版海外)』に、上記以外の夜市も掲載しているのでチェックしてくださいね。
台湾リピーターやマイナー好きさんにおすすめのローカルな夜市も必見です♪

こちらの記事もおすすめです♡
≫≫ 夜市に飽きたら夕市はいかが?高雄の穴場グルメスポット
≫≫ 台湾の基本情報|時差や気候、鉄道内でのマナーや無料Wi-Fiサービスなど情報満載!
≫≫ 台北の押さえておきたい7エリア&日帰りスポット早わかり!

※この記事は2019年5月発行の「るるぶ台北’20」をもとにしています。データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1