韓国

ソウル

2017.08.09

暑~い夏に、絶対食べたい! ソウルの最強「ひんやり」麺3

夏真っ盛り! 暑いのは日本だけじゃない。お隣韓国も8月は連日猛暑が続き、外を歩けば汗が噴き出る日々が続く。そんな夏の韓国に旅行に行ったら、ぜひとも食べてみたい、夏バテにも効く「ひんやり」麺をご紹介。

歴代大統領が愛する♡贅沢豆乳麺「コングクス」

ソウルの夏の風物詩といえばこれと言われるほど人気の高い「晋州会館」のコングクスW1万。歴代大統領も御用達の絶品コングクス(豆乳麺)は、自家製の小麦粉麺に大豆粉、ピーナッツ、松の実が練り込まれて風味抜群。3月~11月中旬までの限定メニュー。とにかく濃厚でクリーミーなスープをぜひ体験して。

ソウル市中心部の地下鉄2号線市庁駅9番出口を出てまっすぐ坂を上ったところにある「晋州会館」。オフィスビルの谷間にあり、昼時にはビジネスマンの長蛇の列が。

キジ肉スープのさっぱり冷麺は青菜と好相性

涼しげな色合いの青菜ののった冷麺といえば、「平来屋」のネンミョンW9000。牛肉にキジ肉を加えたスープが逸品。夜に訪れるならチェンバン(平壌式の寄せ鍋)小W3 万8000 ~を注文して、シメに冷麺を食べると絶品。夏はさっぱりしたチョゲタン(鶏冷麺)W1万2000(2人前~)もおすすめ。

地下鉄2・3号線乙支路3街駅11番出口から徒歩2分のところにある「平来屋」。本格的な平壌料理が揃う。

正当派の手打ち冷麺を食べたいなら

ふんわり香るそば粉の風味に魅了される「平壌麺屋」のネンミョンW1万1000。初代は北朝鮮で冷麺店を営んでいたという、自前で製粉まで行うこだわりの店。注文ごとに麺を打ち、塩だけで味付けをした透明感のある牛スープに加える。

コチュジャンのかかった辛い冷麺、ピビムミョンW1万1000。

地下鉄2・4・5号線東大門歴史文化公園駅5番出口から徒歩3分のところにある「平壌麺屋」。店の入り口には大量の白菜が置かれている。

晋州会館
チンジュフェグァン/진주회관

【交通】
地下鉄1・2号線市庁駅9番出口から徒歩1分
【住所】
中区世宗大路11キル26
【TEL】
02-753-5388
【営業時間】
10時30分~21時30分(土・日曜 は10時~20時30分)
【定休日】
なし

平来屋
ピョンネオク/평래옥

【交通】
2・3号線乙支路3街駅11番出口から徒歩2分
【住所】
中区マルンネ路21-1
【TEL】
02-2267-5892
【営業時間】
11時30分~22 時(21時LO)
【定休日】
日曜

平壌麺屋
ピョンヤンミョノク/ 평양면옥

【交通】
2・4・5号線東大門歴史文化公園駅5番出口から徒歩3分
【住所】
中区奨忠壇路207
【TEL】
02-2267-7784
【営業時間】
11時~21時30分
【定休日】
なし

※この記事は2017年3月発行の「るるぶ韓国 ソウル・釜山・済州島’18」をもとにしています。物件データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter