ニューヨーク

アメリカ

2017.12.01

NYのシンボル 自由の女神を徹底解説!

ニューヨークのシンボルといえば、アメリカの歴史を見守り続け、自由と希望の象徴として親しまれてきた「自由の女神」。アクセスからその内部や展望台、予約方法まで徹底案内!

アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られた女神像。20年かけて完成した像は銅板製で、足先から松明までの高さは約46m、台座を加えるとなんと約93m! 間近で見ると、あらためてその大きさに圧倒されます。1984年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。

フェリーでいざ!女神のいるリバティ島へ

自由の女神が立っているのは、マンハッタンの南西にあるリバティ島。専用フェリー「スタチュー・クルーズ」で上陸することができます。夏期は15~20分、冬場は30~45分ごとにバッテリー・パークを出発しています。

チケット売り場は、バッテリー・パーク内のクリントン砦。事前予約をした人は「PRE-PAID」、当日券は「TICKETS」の表示がある窓口へ並びます。事前予約で印刷したチケットを持っている場合は、直接フェリー乗り場へ。

チケット購入後はセキュリティチェックへ。チケットを予約した人と当日券を購入した人は並ぶ列が異なるので注意しましょう。すべての荷物、靴、上着などをⅹ線検査機に通したら完了。いよいよ乗船です!

リバティ島までは約15分。マンハッタンの高層ビルを背に出発すると、だんだん女神に近づいていきます。島に停泊する前には、女神の正面を通過するのでカメラの準備をお忘れなく。進行方向に向かって右側のほうがよく見えます。

到着したら流れに沿って進みます。途中、無料の日本語オーディオガイドが借りられるブースもあります。返却もこちらで。

ビュースポットからマンハッタンを一望!

フェリー発着所から真っ直ぐ行くと、ビュースポットに到着。ダウンタウンの高層ビル群やエンパイア・ステート・ビル、ブルックリン・ブリッジなど、ここからNYのランドマークが一望できます!

女神の全景を撮影できる、人気の撮影スポット。みんな思い思いに、キメポーズ!

いよいよ間近でご対面。その存在感に圧倒!

女神像のモチーフにはそれぞれ意味が込められているんです。
例えば、女神の王冠から突き出ている7つの角は、7つの大地と7つの海に自由が広がることを願って造られたものなのだとか。

そして、右手に持った松明は、移民たちの希望を表す象徴。現在の松明は1984~86年の修復工事の際に取り替えられたもので、24金の金箔で覆われています。オリジナルは台座のロビーに展示されています。

ちなみに左手には、縦7.19m、幅4.14mの独立宣言書を持っています。表紙には、独立宣言が行われた「1776年7月4日」の日付が刻まれています。

さらに、女神像の内部にも侵入

女神像は内部に入って台座や王冠に上ることもできます。ただし、チケットは事前予約のみなので注意。特に王冠の展望台は、4~6カ月先まで予約が埋まっている場合もあるので、早めに予約しておきましょう。

  • 王冠の展望台
    エレベーターや354段の階段を使って上がれます。景色はもちろん、女神が左手に持つ銘板に書かれた文字も見えますよ。

チケット入手方法
電話、またはオンラインの事前予約のみ。オンラインの場合は、WEBサイトから。>>https://www.statuecruises.com/ のトップ画面で、「CROWNRESERVE TICKET」を選択。次に、出発地、人数、希望の日時を入力し、必要事項を入力すると、登録したメールアドレスに予約内容とチケットが送られてくる。リバティ島に到着したら、インフォメーションで登録手続きをする際に写真付きIDが必要なので、パスポートを忘れずに。
料金$21(フェリー、台座入場、オーディオガイド含む)

  • 台座
    台座の2階は博物館になっていて、建設当時の写真や実寸大模型など、女神像の制作過程から現在までを知ることができる貴重な資料が展示されています。

チケット入手方法
電話、またはオンラインの事前予約のみで、手順は上記、王冠のチケットの購入方法と同じ。WEBサイトのトップ画面で、「PEDESTAL RESERVE TICKET」を選択する。
料金$18.50(フェリー代、オーディオガイド含む)

見学後は定番の おみやげをGET!

ギフトショップは2カ所ありますが、 品揃えが充実しているのはフェリー乗り場近くの店。自由の女神がモチーフになったTシャツやキーホルダー、マグカップなどの定番グッズは、ぜひおみやげに!

自由の女神
Statue of Liberty

【交通】
フェリー乗り場があるバッテリー・パークへは 地下鉄①線 South Ferry駅直結、RW線 Whitehall St South Ferry駅から徒歩5分、 ④⑤線 Bowling Green駅から徒歩5分 
【HP】
https://www.nps.gov/stli/index.htm

※この記事は2017年6月発行の「るるぶニューヨーク」をもとにしています。物件データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter