スペイン

2018.02.02

スペインバルの楽しみ方をマスター!本場のバルってこんなとこ

日本でもおなじみとなりつつあるスペインバルは、カジュアルな雰囲気で手軽に食事とお酒を楽しめるのが魅力。スペインに行くなら、ぜひとも本場のバルに入ってみたい。でも「スペイン語できないけどオーダーできるのかな?」「何を注文すればいい?」などなどちょっと不安ですよね。でも大丈夫。バルでの注文の仕方や定番ドリンクやメニューをレポートします!

1. 入店したらまずは挨拶♪

お店に入ったらまずは挨拶するのがマナーです。"Hola!(オラ)"とスタッフに声をかけましょう! ちなみに、ほとんどのバルは予約ができません。人気のバルは、入店するのに並ぶことも。

2. 席を選ぶ

レストランと違って席に案内するスタッフはいないので、自分で空いてる席を選びます。立ち飲みのカウンターか、テーブル席かテラス席かなど席種を選ぶのですが、席によってメニューの値段が異なる店もあります。一般的にカウンター席よりテーブル席のほうが割高です。

3.オーダーする

メニュー表がない店もあるが、カウンター上に料理が並んでいる場合は指をさせばOK!ちなみに「ビールを1杯ください」はスペイン語で "Una cerveza por favor."(ウナ セルベッサ  ポルファボール)。

4.支払いをする

最後にまとめて支払いをする店と、オーダーごとに支払う店があります。スタッフがレシートを持ってくるので、自分の席でお金を渡そう。基本的にチップ(サービス)は必要ないが、気持ちのよいサービスを受けたら感謝の気持ちで€1~2置いていくのもよい。

スペインバルの定番タパス&ドリンクはコレ!

超定番の生ビールは"セルべサ Cerveza"。 さらに小さいサイズは”カーニャ Cana"。写真はカーニャで150mlくらい。

大定番のタパスといえば、スペイン風オムレツの”トルティーリャ Tortilla”。具はさまざまなバリエーションがあるが、定番はジャガイモ入り。

リンゴの果汁を発酵させた甘酸っぱいお酒のシドラ。スペイン北部の名物。シドラは高いところから注ぎます!

日本でもおなじみの生ハムの”ハモン Jamon”。なかでもハモン・イベリコ・デ・ペジョータは最高級。

バルセロナ名物のパタタス・ブラバスもおすすめ!ジャガイモのフライにピリ辛のトマトソースをかけたもの。

スペインには街のいたるところにバルがありますよ。ここでは一般的なバルの利用の仕方を紹介しました。実は、オーダーの仕方やサービスは店によりさまざま。メニューもバルごとに特徴や個性があるので、ぜひいろいろハシゴしてみて!

2018年1月発売の「るるぶスペイン’19 では選りすぐりのバル特集をしてますので、ぜひご覧ください。

Share!
  • Facebook
  • Twitter