フランス

パリ

2018.04.27

[PR]パリ唯一のシャンパーニュメゾン直営店「アルロー」で優雅にショッピング

1826年の創業以来、最高級のシャンパンを生み出してきたフランス・ヴリニー村の名門シャンパーニュメゾン「アルロー」。昨年パリの直営店がサントノレ通りに移転し、リニューアルオープンしました。貴族の館のようなシックな店内でアドバイスを受けながら、お気に入りの1本を探してみませんか?

パリ1区に2017年オープンのショップ「アルロー」

パリ1区の高級ショッピング街、サントノレ通りに2017年移転オープンしたショップ「ブティック シャンパーニュ・アルロー パリ-ヴァンドーム」。シャンパーニュのメゾンが直営する路面店は、パリではここだけ。センスのよい内装にうっとりしながらお買い物を楽しみましょう♪

プライベートテイスティングもできちゃう♪日本語通訳がご案内

3〜8人のグループなら、プライベートテイスティングがおすすめ。オーナーの説明をプロの通訳が日本語でご案内します。3種のシャンパーニュと小さなお菓子、プチフールをいただきながら、約2時間30分にわたり、たっぷりテイスティングが楽しめます。(要予約、1名€75)

メゾンを代表する「ブリュット・グランド・キュヴェ」は完熟状態で収穫したシャルドネ、ピノ・ノワール、そしてこの地方で最高のクオリティと評される、ムニエ種で作られた、豊かさと優美さを兼ね備えるシャンパーニュです。

ぶどうへのこだわり

1826年にヴリニー村ではじめてのシャンパーニュが作られて以来、「エクセレンス」を主旨に良質の製品を世に送り続けているアルロー。所有するぶどう畑は全域が一級畑に格付けされています。ぶどう品種はムニエが60%とピノ・ノワールが30%、残り10%がシャルドネです。

ぶどうは手積み収穫され、一番搾りの果汁のみを使用。畑には樹齢120年以上のぶどうの木もあり、フランスでも非常に珍しい古木、と高く評されています。畑には1997年から殺虫剤を使わず、自然への愛と伝統的な仕事を大切に守り続けます。

アルローのシャンパンは、ノン・ヴィンテージで少なくとも4年以上、ヴィンテージで10年以上熟成と、通常よりもかなり長めに瓶内熟成がなされています。
(法定の熟成期間はノン・ヴィンテージ15か月以上、ヴィンテージ36か月以上)。品質を最も重視し伝統的な手作業で製造を行うため、生産量は極めて少なく、8種類のシャンパーニュすべてが本数限定生産です。

オーナーご夫妻に会いにいきましょう

15代目当主のクリスティーヌ・アルロー=マレシャルさんと、夫のピエールさんは親日家。プライベートテイスティングの日は同席をし、さまざまな説明をしてくださいます。

テイスティングのご予約、お問い合わせはメールまたは電話でお気軽に。(英・仏語)
【MAIL】contact@arlaux.fr
【TEL】01.47. 07. 43. 08
※テイスティングのご予約は、ご希望日の1週間前までにお願いいたします。ご予約の依頼を受けてからオーナーが予定を調整しますが、ご希望日にテイスティングをお引き受けできない場合もございます。

Boutique Champagne Arlaux Paris-Vendôme
ブティック シャンパーニュ・アルロー パリ-ヴァンドーム

【住所】
350 rue Saint-Honoré (中庭内) 75001 Paris
【TEL】
01.47. 07. 43. 08
【営業時間】
11〜19時
【定休日】
日曜、祝日
【HP】
http://www.arlaux.fr/
Share!
  • Facebook
  • Twitter