ニューヨーク

アメリカ

2019.08.22

【ニューヨーク】最旬パブリックアート&美術館めぐり

ニューヨークには、世界三大美術館のひとつ「メトロポリタン美術館(MET)」や、モダンアートの聖地「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など、大小さまざまな美術館が点在しています。
アート作品はミュージアムだけでなく街なかにもたくさん。
歩道にはオブジェ、建物には壁画……まるでニューヨークの街全体がひとつの美術館のよう♪ 街を歩いているだけでアートに触れることができます!

【マイケル・ジャクソンの壁画】

2018年8月に完成した、巨大なマイケル・ジャクソンの壁画。
レインボーカラーのダイヤ柄を組み合わせ、幼少期と大人の姿がそれぞれ鮮やかに描かれています。

Michael Jackson Mural
作者 Eduardo Kobra
交通 地下鉄Ⓛ線 1 Av駅から徒歩1分
住所 176 1st Ave.

 

【ローズIII】

test

2016年に完成した高さ約8mの鉄鋼製のモニュメント。
本物のバラのように繊細で力強い作品。
ワールド・トレード・センターに近く、9.11の被災者への慰霊としての意味もあります。

Rose III
作者 Isa Genzken
交通 地下鉄④⑤線 Wall St駅から徒歩2分
住所 Zuccotti Park

 

移動中も楽しい!地下鉄駅のアート

地下鉄の駅構内やホームにもパブリックアートがあふれています。
駅によって作品はさまざまなので、電車を待つ間にアート鑑賞を楽しみましょう♪

 

Alice:The Way Out
アリス:ウェイ・アウト
1994年作品
所在地 ①線50 St駅

 

Times Square Mural
タイムズ・スクエアの壁画
1994年作
所在地 ①②③、⑦、ⓃⓆⓇⓌ、Ⓢ線Times Sq 42 St駅

 

The Revelers
飲んで騒ぐ人
2008年作
所在地 ①②③、⑦、ⓃⓆⓇⓌ、Ⓢ線Times Sq 42 St駅

 

世界の名作が集結!絶対行きたいおすすめミュージアム4選

ニューヨーク旅行の際にぜひ立ち寄ってもらいたい、魅力的なミュージアムを編集部が厳選。
世界的に知られる珠玉のアート作品に出合うことができる美術館&博物館はこちら!

【メトロポリタン美術館】

300万点を超える作品を収蔵する、世界三大美術館のひとつ「メトロポリタン美術館(通称MET)」は、ファッション界最大の祭典「METガラ」が開催されることでも有名。
先史時代から現代まで、時代やテーマごとに分かれた複数の展示エリアがあり、全ての作品を鑑賞するには3日かかるといわれています。
館内は歩くとかなりの距離になるので、軽装で行くのがおすすめ。
中央案内所で無料マップを入手し、しっかりプランを練りましょう!

展示作品
少女/ヨハネス・フェルメール
自画像/フィンセント・ファン・ゴッホ
受胎告知/サンドロ・ボッティチェリ など

メトロポリタン美術館
エリア アッパー・イースト・サイド
交通 地下鉄④⑤⑥線 86 St駅から徒歩8分
住所 1000 5th Ave.
TEL (212)535-7710
開館 10時〜17時30分(金・土曜は〜21時)
休館日 なし
入館料 $25
URL www.metmuseum.org

 

【ニューヨーク近代美術館】

MoMAの愛称でも知られる「ニューヨーク近代美術館」は、近代に活躍した画家たちが生んだ名画や、前衛的な現代アートなどを集めた美術館。
世界各国を代表する、1880年代から現在までの約15万点の作品を収蔵しています。
毎週金曜日16時以降は入場料が無料になるため、混雑が気にならない方はこのタイミングが狙い目!
常設展から特別展まで、充実のコレクションをじっくり見て回りましょう。
ユニークなグッズも、思わず欲しくなること間違いなし♪

2019年10月には新たな展示室とパフォーマンスやイベントのための空間を加え、美術館がリニューアルするのでお楽しみに!(施設は2019年6月15日~10月中旬までクローズ)

展示作品
キャンベル・スープ缶/アンディ・ウォーホル
星月夜/フィンセント・ファン・ゴッホ
ダンス(I)/アンリ・マティス など

ニューヨーク近代美術館
エリア ミッドタウン・ウェスト
交通 地下鉄Ⓔ、Ⓜ線 5 Av/53 St駅から徒歩3分
住所 11 W. 53rd St.
TEL (212)708-9400
開館 10時30分〜17時30分(金曜は〜20時)
休館日 なし
入館料 $25(16歳未満は無料。金曜16〜20時は無料)
URL www.moma.org

 

【グッゲンハイム美術館】

フランク・ロイド・ライトが建築した、「カタツムリの殻」と例えられる渦巻き状の個性的な建物がシンボルのグッゲンハイム美術館。
らせん状構造の館内をスロープを下りながら作品を鑑賞する珍しい展示方法も人気!
常設作品のほか、随時開催される企画展も必見です。

展示作品
黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌ/アメデオ・モディリアーニ
赤い気球/パウル・クレー など

グッゲンハイム美術館
エリア アッパー・イースト・サイド
交通 地下鉄④⑤⑥線 86 St駅から徒歩10分
住所 1071 5th Ave.
TEL (212)423-3500
開館 10時〜17時30分(火・土曜は〜20時)
休館日 なし
入館料 $25(12歳未満無料、土曜17時〜は任意)
URL www.guggenheim.org

 

【アメリカ自然史博物館】

大人はもちろん子どもからの人気も高いミュージアムが、天体の不思議や生命の神秘にふれることのできる「アメリカ自然史博物館」。
太陽系の歴史や地球の生態、人類の進化などについて収集された標本や資料は3200万点超!
展示数もさることながら、テーマごとに趣向を凝らした展示方法にも驚きがいっぱい。
大迫力の哺乳類のジオラマや恐竜の骨格標本は必見!
IMAXシアターやワークショップなどの学習プログラムも見逃せません。

展示作品
海洋に息づく生命/シロナガスクジラのジオラマ
竜盤類恐竜/ティラノサウルス・レックスの骨格標本 など

アメリカ自然史博物館
エリア アッパー・ウェスト・サイド
交通 地下鉄Ⓑ、Ⓒ線 81 St-Museum of Natural History駅から徒歩5分
住所 Central Park W. 79th St.
TEL (212)769-5100
開館 10時〜17時45分
休館日 なし
入館料 $23(任意)
URL www.amnh.org

 

現在発売中の『るるぶニューヨーク』では、各ミュージアムの情報や作品の見どころを詳しく掲載!
パブリックアート巡りができるマップも載っているので、ぜひ本誌をチェックしてください♪

 

こちらの記事もチェック♪
>>ニューヨークの基本情報|時差や気候、治安やチップの相場など

>>ニューヨークおしゃれカフェ5選!旅の疲れを癒してくれるお店はココ♪

>>NYのシンボル 自由の女神を徹底解説!

※この記事は2019年6月発行の「るるぶニューヨーク」をもとにしています。データは図書制作時のものです。

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • 右ナビ1